箕輪事業所のご紹介

長野県箕輪町に拠点を構える箕輪事業所では、機械式バーナーろう付け(トーチろう付け)を行っております。バーナーろう付けは、作業者により品質に差が出やすい加工技術ですが、様々な要素を数値化し、誰でも安定した品質で製造出来る事を目標に改善活動を続けております。
また自社内に廃液処理施設を導入しており環境に配慮し継続的に生産活動が可能な工場となっております。

Point⒈ 作業の数値化

装置出力、加熱部位、加熱時間、フラックス量等、様々な要素を数値で管理する事により、安定した品質を実現し、品質が個人の力量に依存するといったバーナーろう付け(トーチろう付け)の技術継承の問題を解消致しました。個人ではなく組織で対応する事により、安定供給を継続出来る体制を整えております。

データ入力

Point⒉排水処理施設

バーナーろう付け(トーチろう付け)に不可欠な酸化膜を除去するフラックスには、フッ素・ホウ素等の排水基準が設けられております。自社内に排水処理施設を設置し継続的に生産活動が可能な環境を整えております。

Point⒊
安全・環境

豊かな地球環境と持続的な未来の実現及び継続的な経営の為、北東技研工業株式会社の箕輪事業所では、2021年にISO14001(環境)、2023年にはISO45001(労働安全衛生)を取得しております。

error:
記事URLをコピーしました